カテゴリー別アーカイブ: 住宅ローン

確定申告にいきました。

昨年の1月から入居でしたので、今年確定申告に。計算が正しければ、かなりの額が戻ってきそうです。
さて、実際に書類を提出するまでにつまづいた点を記載します。

ー日曜日に書類提出にいったが、長蛇の列。絶対に平日いくべきです。

ー各書類の控えはいらないだろと持参しなかったが、受付印が押された控えが必要な方はかならず、持参してください。我が家は保育園に提出する必要があり、その場でコピーをとるなどバタバタしました。

ー必要書類がわからなかった。
ネット上の情報をもとに必要書類をあつめましたが、ケースにより集めるものも様々。税務署にきいてしまうのが、早そうです。

確定申告

住宅ローン控除をうけるため、今年、確定申告へいきます。
私の場合は、新築+長期優良住宅+妻が連帯債務者のケースに
該当するかと思いますので、そろえた書類は、以下の通りです。

■住宅借入金等特別控除額の計算明細書(2通)・・・税務署から入手
■源泉徴収票(私と妻の)・・・職場から入手
■住民票(2通)・・・役所から入手
■土地の登記事項証明書(2通)・・・法務局から入手
■建物の登記事項証明書(2通)・・・法務局から入手
■土地売買契約書のコピー(2通)
■工事請負契約書のコピー(2通)
■借り入れ金の年末残高証明書(私と妻の)・・・金融機関から入手

■認定長期優良住宅新築等特別税額控除額の計算明細書(2通)・・・税務署から入手
■住宅用家屋証明書のコピー(2通)*1
■長期優良住宅 認定通知書のコピー(2通)・・・税務署から入手*
*私と妻それぞれ確定申告を行うため、各書類2通づつ用意しました。
*長期優良住宅でない場合が、上3つの書類は不要です。

書類は結構な数ですが、そろえるのはそんなに困難ではありません。
面倒だといえば、法務局にいかなくてはならないので、登記事項証明書たちでしょうか?

あとは、住宅用家屋証明書。
こいつは少し苦戦しました。家引き渡しのときにもらった書類をあさってもみつからない。
結局ネットで検索したところ、司法書士さんが建物の登記を行うときに利用しているという
情報があったので、それを元に建物の不動産権利書のファイルをがさごそ、、、、ありました。
*ちなみに住宅用家屋証明書は、市町村の税務担当課で発行してもらえるようです。手数料は、1000円ぐらいらしい。

さ、あとは計算明細書を記載して、いざ確定申告へ。
*この記載が一番面倒なんだろうな。

最終つなぎ融資の実行

窓の家を建てるにあたり、つなぎ融資をうけた。

融資回数は三回で、土地購入と建物着工、建物上棟、建物引き渡しのタイミング。

二回の融資実行は問題なく行えたが、引き渡し時のローンはちょっと面倒。

手続きに新住所の住民票と印鑑登録証明書が必要とのこと。

つまり、実際には引越ししてないが、先に現住所から転出しないとならない。

正しく進めているのに、手続き上嘘をつかなくてはならないのは、なんか変。

まぁ、そういうものだと割りきるしかない。

尚、住民票の移動はあとからでも良いらしいが、その場合別途手数料がかかるらしい。

無印良品 窓の家は長期優良住宅に対応した家

長期優良住宅に認定されることで、
・住宅エコポイント(30万円相当)*補助金との併用は不可のようです。
・補助金100万円*住宅エコポイントとの併用は不可のようです。
・住宅ローン減税
などの特典を得ることが可能です。

長期優良住宅のメリットなど詳細はこちら>>>

現在は、この長期優良住宅の審査手続き中です。

しかし、長期優良住宅審査機関および補助金の審査機関が非常に混雑している模様。

この審査が完了しないと建物の着工ができないとのこと。

今年は、”長期優良住宅”の文字を良くみるようになりましたので、いろいろなところから審査依頼が来て機関も大変なのでしょう。

銀行ローン借り入れ。

2010年6月6日。

住宅ローン審査書類を金融機関に郵送。

6月30日が土地の決済なので、そこに間に合うのかやや心配。

2010年6月17日。

予期せぬ緊急事態。

土地の事情でなんとローン審査落ち。
*土地に面する道路が私有地の場合ご注意を!

…決済に間に合わない。

取り急ぎ、工務店に事態を連絡したところ、これから銀行をゆっくり再度選択している猶予はないので、工務店とつながりがある金融機関に複数相談してもらい、決済日までに融資実行が可能な金融機関を探してもらう。

なんとか、1つの金融機関(●ルガ銀行さん)から了解をもらえ、そこでお願いすることに。

金融機関の仮審査は、事前に複数受けておくべきだったと反省。

この件は、いろいろな方に助けて頂きました。ありがとうございました。