カテゴリー別アーカイブ: 窓の家

ピクチャーウィンドウにフィルムはる

image

夏、ピクチャーウィンドウからの日射しが暑いのと、紫外線で壁紙がやけるのが気になっていたので、3Mの日射し抑制、UVカットができるフィルムを張り付けてもらいました。

少し薄暗い感じになるかなと思ってましたが、見た目はまったくと言って良いほどかわりませんでした。

施工費用は40000円くらい。

ちなみにフィルムは、その効果にあわせていろいろなタイプが存在するようで、日射しや紫外線はしっかり抑えるけど見た目はあまりかわらないフィルムのオーダーで、この3Mのフィルムになりました。

そろそろ暑くなってきたので、効果どのくらいあるのか気になるところです。

無印良品の家を評価してみます。

インターネットで検索していると、無印良品の家の評判を知りたい方がいる模様ですので、実際に住んでみたところから、評価してみようと思います。
※私が住んでいるのは、窓の家ですのでその評価になります。購入を検討されている方の手がかりに少しでもなればと思います。

■デザイン
無印の家の購入を検討される方は、デザインを重要視されている方が多いと思いますが、この点はもちろん高く評価できます。
シンプルなデザインは、素晴らしいです。

■価格
坪単価60万ぐらいなので、少し高いかと思います
。総費用としては、外構、土地代含め4000万弱でした。建物(82㎡)だけなら2000万くらい。

■作り
SE工法により、強度は安心できるかと。阪神大震災クラスが来ても大丈夫とのこと。

■住み心地
これは間取りやモノの配置により決まってくるので、一概には言えませんが、吹き抜けと階段の配置がうまくないせいか私のうちは夏が暑く、冬寒い家になってしまいました。

無印の家好きな方は必買!窓の家 お菓子型

Facebookで、無印良品のフィードを見ていたら、窓の家の形をモチーフにした お菓子の型 が発売になったとの情報があったので、ここにメモします。

MUJIの家好きな方は、買わずにはいられないのでは?
※筆者も買ってしまうかも。これを機にお菓子作りに目覚めたりして。ないか。

詳細は下記より確認ください。

http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761051826?sns=fb-mujinet-120207_1

一年点検がやってくる

一年は、あっという間。
先日6か月点検終わったばかりな気がするのに。

さて、今週末は一年点検。
無印の家を建ててくれた工務店の方が、家に異常はないかなど、点検にきてくれます。

、、、今のところ主だった異常はないですが。

壁紙のちょっとした剥がれなど細かい部分を見てもらって終わりだと思います。

とりあえず家も無事、家族も健康ということで、一年これたので、良かった、良かった。

もうすぐ一年

月日がたつのは早いもので、窓の家にすみはじめてから、まもなく一年が経過しようとしています。

最近は、リビング上にある大きなピクチャーウィンドウがお気にいりです。

青空や星や月、つい先日は雪がふってくる様子もよく見えました。

この家のよさは、家にいながらに一瞬現実逃避できてしまうことかもしれません。
 

窓の家に1ヶ月と少し暮らしてみて

これから窓の家の購入を検討されているという方もいらっしゃるかと思います。実際に暮らしてみて、窓の家のここが気になるという部分をあげてみます。

■24時間換気
花粉症の方には、結構つらいかもしれません。これは、エアコンも同様ですが。常に空気が循環してますから、換気口に花粉対策を施す必要がありそうです。

■インナーバルコニー
我が家のインナーバルコニーは、奥行きが殆どないため(設置した方角が悪いこともありますが)、風が循環せず洗濯ものが乾きづらいです。インナーバルコニーのオプションを選択される場合は、風が十分に通るよう奥行きを持たせることをお勧めいたします。

■収納サイズ
収納内に無印良品の家具の設置を検討されている場合は、事前に工務店にその旨を伝えておいた方がよさそうです(工務店側は無印の家具規格に合わせて収納サイズなどを決定しているわけではないようです)。あとから家具をいれようとしたら入らなかったなどということにならないように。

■カーテン
カーテン専門業者から購入し、設置してもらうのが良いかもしれません。無印良品にてカーテンを購入し設置しようとしたのですが、カーテンレールの設置等は無印良品ではやっていない様子。ここも注意が必要です。

■床(天然木)のお手入れ
ワックスがけはできないとのこと。お手入れには、蜜蝋(みつろう)を利用します。

■照明
殆どの照明が標準では白熱灯になっています。部屋を薄暗くしたい等の場合は、間接照明などを別途購入することが必要です。

東北地方太平洋沖地震を経て

窓の家に暮らし始めて1ヶ月と少し、まさかいきなりの巨大地震の発生。

窓の家は、しっかり構造計算された家(SE構法)だから大丈夫と思いながらも、実際に地震が起こると「本当に大丈夫なのか?」気になります。

結果としては、震度5弱の揺れ(関東地方)に関しては、問題なく耐えられました。

ただ、吹き抜けからながーくぶら下がった照明が周囲の壁にぶつかりそうだったよう。

これは注意しなければ。

兎も角、子供も妻も何事もなく守ってくれた窓の家に感謝です。